QLOOKアクセス解析

コロッとコロラド

コㇿㇻドはっょぃんだょ?コㇿㇻドの日言己巾長だょ彡★

Category: 日記   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ネタバレ多めで映画「聲の形」と特典漫画の感想、映画「ハドソン川の奇跡」感想、 PlayStationVRの予約をした

聲の形劇場公開の影響でここ数日閲覧者数が多いです
クリントイーストウッド監督のハドソン川の奇跡も公開されたので観に行きました
聲の形のパンフレットは買えなかったんですけどね
聲の形が一番面白かったんでパンフレット完売してるのは惜しい
田舎映画館のせいか・・・公開日に行かなかった僕のせいではない・・・

最初に聲の形を見ましたネタバレましましで書きます
映画は字幕なしで見ました、感想のため字幕ありが見たかったのに時間が合わず泣く泣く断念しました、きっとある手話シーンに字幕がほしいんじゃなくて視覚障害者向けってうたってるものを見たかったんですけど
京都アニメーションはこういう系の話描くのうまいよね、聲の形の手話シーンは特に映像表現じゃないと詳しく出せないシーンだし青空や橋回りとかの環境背景の雰囲気も最高としか言いようがなかった
環境音やBGMも最高、これのためにまた映画館に行ってもいいくらいでエンタメ映画としては素晴らしくいい出来
The Whoの曲だっけ多分OPのときに流れる音楽であこれ神映画だなって思う、aikoの主題歌はなんでこの歌詞?って終始考えてて違和感しかなかったけどおんがくはとてもいいとおもいました。
話だけど原作と違いはない、ただ2時間の尺に合わせるようにカットされている部分があるだけで重要なことは全て、というか映画は石田将也視点で全て進んで行くし先に書いた映像音楽で更に理解しやすく演出されている
完全に主人公石田将也とヒロイン西宮硝子たんの話で他のキャラの話はほぼカット映画撮る話もカット最後の成人式もカット
全部やると2時間じゃ足りないし全部やられても前編後編とかに分かれるしくどくなると思うからまあそうだろうって感じ
話にある障害と苛めは内容の本筋じゃなくてただの原因だから苛めと障害を見ようと思ってるなら合ってないな、あと恋愛も
だからPV見て主題歌聞いてaikoのあぁあぁあぁ~恋をしたぁのはぁ~って聞いたときからOPのTheWhoを見るまでの間、ただの恋愛映画になってる?って思い込んでてずっと嫌な予感がしてたんですけど
OP見たら吹っ飛んだよね
苛めをしていた主人公の後悔から話が進んで主人公自身がどう変わっていくかで終わって映画の尺的に簡単に許されたようにも見えるけど
主人公は死ぬ直前に楽になろうと懺悔のために硝子たんに会いに行くがまた会う約束ができて死にそびれる、その後も友人ができ主人公の気持ちが変わっていく
主人公だけじゃ考えは変わらないだろうけど、周りの嫌な奴と良い奴に触れて成長する
主人公がどれだけ悩んだところで小学生時代の償いにはならないし誰の利益にもならない、償いたいなら逃げずに見ないといけないことを良くわからせてくれる
主人公がどれだけ変わろうが許されたことにはならないけども
この作品の功績は大正義長塚くんと硝子たんにあると思うわ
長塚くんは言わずもがな見ればわかるけども超絶美少女硝子たんが許して恋愛に向いてるのは少し都合が良いかもしれない、硝子たんは小学生の主人公とその環境を主人公の家族環境含めて美容院や学校で見ている描写があるし自分も親のせいで一般学生と同じ場所に立たされる環境とそういう性格なのもあるって解釈してるけど
見てる感じ主人公がイケメンみたいに描かれていないし病気とは違うけどあれは所謂ただのコミュ障で硝子たんには友だちとしてって一貫してるし
何が言いたいかって恋愛ではなく石田将也の贖罪と変化の話だから変てこりんな宣伝文句に惑わされて観ないでほしい
内容書いといてなんですが映画聲の形は何も情報見ずに行くと良いです声を大きくしておすすめできる映画です
書き忘れてたもう一つ不満を言うなら原作2巻の結絃と硝子たんが喧嘩するシーンと家出した結絃を探しに硝子たんがいなくなってその硝子たんを主人公たちが探しに行くシーンとその結末は映像で見たかった、そこ相当重要だと思うし大好きなんだけど勿体なかったな

検索結果

おしまい
ここまでで20時間は使って書いているから満足してしまったが特典漫画のこと書くの忘れてました
DSC_0928_201609270016522c8.jpg
表紙も中身も最高
DSC_0926.jpg DSC_0927.jpg 
全部で20ページくらいかな
硝子たんのお母さんとおばあちゃんの話か
映画でもお母さんが厳しく接する描写はあったけどこっちで詳しくまとめられてる
原作ファン的に見てもおばあちゃんの人の好さが更に良くわかって涙出るくらい良い短編です
僕は映画始まる直前に読んで冒頭スクリーンが滲んで大変なことになりました
今年も頑張って作ったんですって、でもうヤバかった、おばあちゃんが生きて居たらな
聲の形の感想おしまい
漫画も良いんで良かったらせめて2巻までは読んでほしい得る物は必ずある


ハドソン川の奇跡も見ました、違うけどシンドラーのリストを思い出したよ
大好きなパーフェクトワールドとかのクリントイーストウッド監督の最新作でこの監督の映画を劇場に観に行くのは初めてだったから夜眠れなくて困った
超絶面白かったアメリカンスナイパーのときに観られなかったら尚更興奮してたのもある
↑これのことですねURL
予告も特に見ず不時着水事故の動画だけ見てたから、飛行機が事故にあって機長が乗客を助けるところがメインかと思ってたら違った
機長は自身の経験からの判断でハドソン川に降りて乗客を救ってメディアからヒーローとして祭り上げられるけど
前例がない判断だったことから組織からは非難される
事故の緊迫感派手な着水シーンより登場人物の人間ドラマだったな
もちろん緊迫感とかはあったけど機長やその周りの人、乗客とその周りの人の感情の印象がとくに強い
乗客155人を救うために動いた人たちのシーンはドキュメンタリー作品のような迫力があって見入る
自分が助かりたくなる状況で他人のことに全力を注げる人間の熱さを感じてこっちまで胸が熱くなるし、短いシーンで深い人間ドラマと無駄な小細工なしの論理的な王道展開できっと誰が見ても素晴らしいと思える物を見せるクリントイーストウッド監督の表現は凄いとしか言いようがない
この話の事実が心に残る良い作品だった、これは多分忘れないBlu-ray買うし
おしまい

文句なしの深い内容の作品を2つも観てしまったから一気に殴り書きで感想書けたな
聲の形は原作込みの内容書こうとして書いて消して書いて消して書いて間違えて消えて書いてってくり返してたから無駄に時間かかりましたけど
がっつり集中して書いた約4時間分が消えちゃったときはリアルに発狂したわ、消える前に正に(あそうだ消えたら困るから保存しとこー)ポチーって下書き保存した つもり だったから
正にではないな
その集中する4時間分の前に保存してたんですよね20行目くらいかなそっから最後までごっそり消えた
まあキーボード枕にして寝て起きたときに焦ってブラウザ復元せずに保存してた下書き読み込んだ僕が悪いんですけどね、何をしているんだ僕は・・・
そう映画観に行った24日の9時にPlayStationVRの予約が開始したんですけど
無事予約できましたーいえーい
今回と同じく前回の予約日1回目も9時前からソニーストアとAmazonに張り付いてたのにその1回目は予約できなかったから
映画観る前イオンのフードコートでスマホを睨みつけて張り付いていたよ
ソニーストアはアクセスが集中してるとかで全く購入ページに行けなかったからAmazonに切り替えた、Amazonは前回の情報でPSVRとかプレイステーションVRじゃそのページが出なくてPlayStation VRって検索しないといけないって都市伝説的なものを聞いていたからそれで
Amazon公式が出してるPlayStation VR見たときは値段も確認せずに即クレジット決済でポチったから不安だったけど問題なく予約できてたね
買った後Amazonの同じページ見たけどすぐ売り切れてたよね9時3分くらいにはAmazon公式はもう表示されてなかったよ
28日の7時10分、今見たら8万円になってたねAmazon最安値
f05a9f56281880cf250138a50f4b474a.png
笑顔が絶えないわ 
まあ、品薄商法に急がされた気がしないでもないですけど
まだソフトは買ってないからサマーレッスンとバットマンアーカムでも買おうかな夢が広がるな
そんな感じで
記事が消えてから1時間おきにアラームつけてそのたび下書き保存してたから安心して書けたね
おわりです
また更新します、今日帰ってきたらきんいろモザイク7巻のこと書きます寝るかもしれませんが
関連記事
スポンサーサイト

Comments


プロフィール

コロラド

Author:コロラド
おいっす
Twitter ID:Coloradochann
Twitter告知アカウント ID:colot_colorado

カウンター
現在の閲覧者数:
カウンター
Twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム